デグーは水菜を食べられる生き物

げっ歯類を飼うのは初めてなので、これが彼らの特性なのか、はたまたうちの茶々の個性なのかはわかりませんが…間違いなく言えるのは…茶々は食いしん坊!!

最近は、私の行動から食事やおやつがどこに置かれているかを覚えまして、その場所の手前にあるソファーに登ることができるようになってしまいました!

これがすごいんです。、助走してね、重力に逆らって90度を一気に登るんです。感心している場合じゃなくって、ソファは私の聖域で絶対に汚されたくない、と思ってたら、茶々の大きいのを発見!手遅れであります…

初めて野菜を食べる

さて本題に。食いしん坊な茶々さんが今まで口にした食事といえば

主食のチモシー
補助食のペレット
おやつの青パパイヤの葉

くらいでした

スポンサーリンク

でね、冬になると水菜が出回るじゃないですか。これがね、一人暮らしで消費するにはなかなかの量で販売されているんですよ

で、思い出しました。茶々に食べさせてみよう!デグーの飼い方の本を読み返したら、水菜はOKとのこと

もちろん人間みたいに多くは食べれませんが、1本くらいいけるかも?

小さくちぎって茶々の目の前に差し出すと、彼女はそのとき齧っていたチモシーを手放し、水菜を私からふんだくる!え?好きなの?初めて食べるんじゃないの?

デグーに限らず動物って、どうやって食べられるものとそうでないものを判断しているのでしょうか…?

水菜は茶々の口の中でシャリシャリと美味しそうな音を立てます。ペレットを食べている音よりも可愛いです

自分の食べているものと同じものを茶々に与えたのは初めてでしたが、何だか一緒に食事をしているような気分を味わえてうれしくなりました

スポンサーリンク

↑これはデグーのおやつのために購入したのですが、人間もびわ茶として引用できます。ペットとシェアできる喜び

まとめ

たった一本ですから、茶々はあっという間。もっと食べたそうに、私の手にまとわりつきます。気持ちとしてはあげたいのですが、野菜は水分が多く、あげすぎるとお腹を壊す可能性があるそうです

ということで、今日はおしまい。青い葉なら割と何でも大丈夫そうなので、また別のものをあげてみようかと思います




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする