スポンサーリンク

デグーと電気代

仕事を終え、家に帰宅してポストを持て見ると…来てしまったぜ!

電力会社からの請求書が!

茶々を飼い始めてからは、初めての電気代の請求になります

デグー飼いのブロガーさん達よれば、デグーの飼育は電気代がすごくかかるとのこと

デグーにとって適温が25度前後なので、冬の電力消費量は半端ないとかで…

いざ、ご開帳!

高いんだろうなぁ…と、茶々のケージの前でひざまづき、封筒を開けてみると…

…あ、あれ?思っていたよりもかかっていない?

ちょっと拍子抜けです

前年の同じ時期と比べると、倍はかかっていないくらい

私は元々、あまり電力を消費しない人間です

テレビを見ない(というか、ない)ですし、寒くても服を重ね着して凌ぎますし、ガンガン暖房を付けるというとをしないんですね

なので、茶々用の電気代が含まれても、驚くほどは高くありません

…むしろ、普通の一人暮らしの電気量くらいかと(笑)

私が自分の電気代をケチっていることも、請求料が高くない原因の1つです

それ以外にも、上手にケージ内の温度を調節できたことが大きいかと思います

飼い主さんによっては、人間用のエアコンやヒーターをつけっぱなしにして、デグーにとっての適温である25度を保つという人もいるらしいです

けれども、これをすると、今度は私の体調管理が難しくなります(汗)

そして、湿度も下がってしまいます

デグーにとっての適切な湿度は50パーセントとのことです

加湿器を使用すればいいのかもしれませんが、これはこれで湿りすぎが怖い…

我が城ではこうやって暖かさを保っている

なので、我が城ではケージ内に動物用のヒーターを使用してます。1つめはおなじみのこれ

大変お世話になっております

旭光のペットヒーターでございます

これだけだと、ケージ内に暖かい空気が溜まらず逃げてしまいます

それを防ぐため、保温のために透明なカバーをかけています

なお透明のカバーというのは、鳥かご用のものです

三晃商会のものではないのですが、あつらえ向きだったので(どこのメーカーのものかは忘れた)

このヒーターをケージの入り口から見て左上に設置しています

ヒーターと接しているケージの面と天井に白くて薄手のタオル(少しは光が入る)をかけると、更なる保温が!

これで、一番涼しい入り口付近でも最低ラインの20度を保てますし、ヒーター近くはもっと暖かくなります

全面をタオルで覆ってしまえば、ケージ中がほっかほかになります

でも、昼行性のデグーにとって、昼に真っ暗というのは良くないようなので…

もう1つはこれ

JEXのホッとハムぽかヒーター

パネルの全面が暖かくなるタイプです

片面が高めの温度、もう片面が中くらいの温度とひっくり返して使うことで、適切な温度を選べます

大事なのがコードの位置です

この商品はパネルの角についています

パネルの短い辺の真ん中についているものより、ケージ内で設置しやすいと思います

これに巣箱をかぶせれば、ほかほか巣穴のできあがり!

指を突っ込むとわかりますが、まぁまぁ暖かいです

まとめ

まだまだ寒い日が続きます

この2つには省エネのためにも、ますます活躍してもらいたいと思います

みなさんも、風邪を引かぬようお気をつけて

【関連記事】

デグーの夏の暑さ対策に涼感プレートを購入!節電にもなるかも?
夏到来!デグーの温度管理はどうする!?
デグー、冷房を浴びる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする