久しぶりの可愛いデグーの画像にご満悦でしたが

おまたせしました。ようやく茶々の可愛い姿をお見せできますよ。でも、この写真を撮っているころの私はまだ知らない…この少し後に、6度目となる出血を伴う負傷をすることを…!!

茶々はこのかじリングりんごバーが大っ好きなんですね。齧り木は未だに齧りませんが、相も変わらずこれだけは執着します。執着し過ぎて、おやつの入っている袋に入り込み、りんごバーを強奪する始末ですよ…

仕方なくあげるんですけど、なんかシャクじゃないですか。だからただあげずに、私はりんごバーを持ったまま離さず、しばらく茶々をじらすんです

ところがやりすぎたのか、機嫌が悪かったのは知りませんが、噛んでいた端から歯をりんごバーに沿わせて、逆の端を持っていた私の指に向かい、噛んだんですよ。向かってくるときくらい離しなさいよ…

という経緯で私はまた出血しました

最近気づいたのですが、デグーに噛まれた傷は治りにくいです。出血はすぐに収まるんですけど、なかなか皮がくっつきません。1ヶ月以上前にやられた跡なんか、まだ残っています

仕事中に書類やダンボールでよく手を切りますが、そういうのはすぐに治るんですよ。ってことは、私の老化のせいで治らない訳じゃないっ!(良かった笑)

何度も言いますけどね、これからデグーを飼おうとしているみなさん、絆創膏と消毒液は忘れずに準備をしておいてください

スポンサーリンク

そうそう、りんごバーと言えばですね、デグー飼いの師のヤマシタ師匠から借りていた本、「デグー 完全飼育」を返したのですが、その際にりんごバーをプレゼントしたんですよ、1本だけ(笑)

師匠は始め遠慮していたんですけど、

「いや、マルちゃんにあげるんで」

って言って無理矢理渡しました

もちろん、お礼の意味もあってりんごバーを渡したんですけど、それよりも…「かじリングりんごバーは他のデグーにも有効か」ということが気になりましてねぇ…やましい気持ちを持っての実験ですよ、ふっふっふ

渡したその晩、動画が届きましてね、そりゃあもう見事な噛みっぷりでしたよ!茶々さんと同じくらいの激しい噛みっぷりでしたね。あの何が何でも離さない感じは、さすがりんごバーというとこでしょうか

スポンサーリンク

というわけで私は今週末もりんごバーを買い足しにペットショップへ向かいます




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする