デグーはどんな生き物?買う所から寿命まで、飼い方あれこれをまとめてみました

「デグーマウスで、名前は『ちゃちゃ』です」と紹介すると、

「赤ずきんチャチャ?」

と聞かれたことが、しばしばあります。いえ、どっちかっていうと淀殿の方です

スポンサーリンク

昨日はブログを更新後、友人と食事に行きました。久々に会った友人で、デグーを飼い始めたことを話していませんでした。名前を告げたところ、上記のように言われたのですが、世代がバレバレですねぇ~

私も半年前ほど前は、デグーの生態はおろか、その存在すら知りませんでした。まだまだ知名度の低いペットなんですね。情報も犬猫ほど多くはありません。デグーを知らない人に話をすると、結構いろんな質問をされます

そこで今回は、本で知った&自分で体験した情報を、これからデグーを飼おうと思っている皆さんにお届けしたいと思います

スポンサーリンク

Q.デグーマウスってどんな生き物?
A.げっ歯目、テンジクネズミ亜目、デグー科…長いな、チンチラやカピバラに近い生き物だそうです。見た目はネズミとウサギとリスを足して3で割った感じ

Q.どこで買えるの?
A.大型ペットショップか里親募集のHPが主流みたいです

Q値段は?
A.うちのはアグーチ(ノーマルカラー)が生後1ヶ月ちょいで約6,000円。別のカラーだともっと高いし、大きくなってくると値下げされてます。私が見聞きした中で一番高いのは30,000円

Qカラーバリエーションは
A.茶色の「アグーチ」、青みがかったグレーの「ブルー」、アグーチに白ぶちが混ざった「パイド」、ブルーに白ぶちが混ざった「ブルーパイド」。海外にはまっ白とか、真っ黒とかもいるそうです

Q.何年生きるの?
A.5-8年だそうです。野生のデグーのほとんどは1年で寿命を迎えるそうです。それだけ苛酷な環境に住んでいるのですね

Q.夜行性?
A.昼行性なんですよ。なので、人間に近いペース。茶々は夜更かししますね。っていうか、茶々はオールナイトのときもありますね

Q.予防接種は?
A.しませんねぇ。でも、健康診断がてら、病院には定期的に連れて行ったほうがいいみたい。いざというときに頼れるし

Q.大きさは?
A.子供のころは片手収まるくらい。大人になると両手で収まるくらい。大きい個体は300gにもなるそうです

Q.何を食べるの?
A.主食はチモシー。ペットショップやホームセンターで普通に売ってます。副食でペレットやおやつですね

Q.飲み物は?
A.東京水です。私はそれにリキッドタイプのビタミン剤を混ぜてます
(入れなくても健康には問題ないようです)

Q.デグーの住むところは?
A.ケージ内で飼います。部屋を散歩させることはあっても、放し飼いはしませんね

Q.トイレは覚える?
A.覚えない生き物だそうで。自分の生活圏で用を足します。
部屋中オシッコされまくったら、デグーが慣れた証拠(笑)

Q.温度管理は?
A.25度前後で、湿度は50%前後。冬は電気代がかかります。私の場合は、自分の倍はしないくらい

Q.鳴く?
A.鳴きます。「アンデスの歌うネズミ」と呼ばれるくらい、
鳴き声が豊富で、警戒したときに出す声は結構響きます

Q.お留守番できる?
A.朝出かけて夜帰ってくるくらいは余裕。何らかの理由で家を開けるときでも、えさをもっさりあげておけば、1日くらいは平気みたい

Q.懐く?
A.懐くそうです。茶々も私に懐いていると信じたい…

Q.オスとメス、どっちが飼いやすい?
A.さぁ?本には「オスの方がストレスを感じやすいから、メスの方がいい」みたいなことが書いてあるけど、個体差の影響の方が大きい気がする。茶々はあんまりセオリー通りのことをしないから困る

Q.お風呂に入れるの?
A.アンデス原産だから、水浴びはしないんですよ。その代わり、砂浴びをするそうです。茶々はしないからわかりませんが(6/7追記、現在はします

Q.においは?
A.犬猫ほどはきになりません。。大きいほうは、砕かれるとにおいます。小さいほうは普通ににおいます。デグー自体はにおわないそうですが、茶々は砂浴びをしないのでにおいます

Q.飼うメリットは?
A.声を大にして言いたい。あんまないよ!(笑)ただ可愛いだけ!むしろ言うこと聞かなくて、イライラするときの方が多いよ!(笑)茶々の場合はね!でも…一瞬の可愛さで、茶々の駄目さが帳消しになっちゃうから不思議ですよねぇ~

Q.デメリットは?
A.旅行に行けない、部屋が汚れる、噛まれて血が出るうるさくて夜眠れない

Q.本当に可愛いの?可愛くないんじゃないの?
A.なんやかんやで可愛いから。ほら

疑似子育てライフ楽しみまくってますよ?(笑)

スポンサーリンク

という感じで書き出してみました。思いついたら、書き加えていこうと思います

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする