意外と近い!北千住から日光へ日帰り旅!

デグーマウスを飼うことのデメリットの1つに旅行に行き辛くなるということがあります

犬猫でしたら、預ける病院や人もいますし、場合によっては連れて行くこともできます

けれども、デグーマウスにとって移動はストレスになりますし、預ける場所も少ないんですよね。1日くらいなら放っておいても平気とはいえ、自分の趣味のために…と思うと気が引けるのです

そして旅に出る

でも、旅行が趣味の私にとっては非日常を味わえないのは辛い。ということで、都内から日帰りで行ける観光地を探していました。日光にした理由は、「ふしぎの国のバード」という漫画を読んだからです

英国人女流冒険家が明治初頭の日本を旅するという実話を元に描かれた漫画なのです。その冒険家が旅の途中で日光に立ち寄るのですが、「外国人から見ると、日光ってこう見えるんだ~」と興味を持ち、行きたくなった、というわけです

スポンサーリンク

あと、意外と東京から近いというのも理由です

北千住から電車でいける!予約とか必要ないよ!

行きは約2時間、しかもたったの1,358円!有料特急を使えばもう少し早くつけるみたいですが、値段を考えたら普通の急行でいいかなぁと。北千住から日光までは乗り換えなしの1本で行けますし

私は朝8:21の電車に乗りました。結構早起きしたつもりでしたが、電車が北千住ですでに満員。非日常を味わいたくて旅行に出たのに、日常の通勤ラッシュを味和なければいけないという皮肉さ(泣)

当然、席なんて空いていません。どうしても座りたいという人は、始発駅の浅草から乗ったほうがいいかもしれません

そして、乗ってから気づいたのですが、下今市駅で車両の行き先が別れるのですよ!

5,6両目が日光行きなのですが、1-4両目はまた別の場所に行ってしまうので、みなさんもアナウンスをしっかり聞いておくことをおすすめします。もしかしたら、時間帯次第でも違うかもしれないので、あらかじめ調べるのも良いかもです

そして、今回の旅のお供は「ガンダムサンダーボルト第9巻!」最新作ですよ

日光駅に着いてからは?

東武日光駅に着いてからは、歩いて日光東照宮を目指しました。バスもありますが、歩きながらお店を見て回るのも面白いですし、片道約30分程度の距離なので、日頃の運動不足の解消にはもってこいですよ

割と急に思い立ってきたので、ガイドブックとかを持って来ませんでした。でも、東武日光駅の中に観光案内所があり、そこで地図をもらえます

日帰り観光で日光東照宮周辺を見るにはそれで十分でした。もちろん、中禅寺湖方面とか、鬼怒川温泉に行きたいたい人は、ガイドブックがあったほうがいいと思います

日光東照宮は小学生のときに訪れて以来です。そのときにはあまりきちんと見ていなかったのですが、改めてみると、色使いがすごい

金、黒、赤、緑、青…と派手な色彩なのに、全く下品じゃなくて、むしろ荘厳さがあります

あと、動物のモチーフが多かったです。有名なのは猿や猫ですが、他にも像とか、獅子とか、龍とか

皆さんもご存知の通り、徳川家康公を奉った神社なのですが、鳴龍のある「本地堂」はお寺だそうです。う~ん、日本人の宗教観(笑)

その後は日光二荒山(ふたらさん)神社へ。縁結びのご利益があるということで、ちゃんとお参りしてきました

茶々に良い出会いがありますよーに、って

えーっと、自分のは…今まで散々色んなところでお参りしてきましたが、あんま効果ないのがわかったので(笑)

日光と言えばやっぱり湯葉。手軽に食べれるものを紹介

お昼には湯葉ラーメンを食べました。日光に来たら湯葉だろうと思い

湯葉がむっちゃりして、ジューシーで、ほんのり豆の味がします。意外とラーメンにも合いますね

湯葉はお菓子にもなっているみたいで「揚げ湯葉まんじゅう」なるものも食べましたよ。その名の通り揚げてあるのですが、天ぷらみたいな食感ですね

少し降られたお塩が利いて、中の餡の甘さを引き立ててくれます。餡も暖かく、トロッとしていて、寒いときに食べると安心できる味です

しかも、お茶までサービスしてくれます。東武日光駅の目の前なので、みなさんも良かったら試してください

スポンサーリンク


日帰りで短い時間ながらも、観光と食は十分楽しめました。帰りの電車も満員なので、速めに駅に着いて、乗って待っていることをおすすめします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする