桜の時期でも、まだまだデグーは防寒対策が必要

そろそろ東京は桜の開花の時期を迎えます。桜が咲くと、「春が来た!」という感じになりますよね?

でも、毎年お花見をしていて思うのですが、日中でも結構寒いんですよね。まだ防寒対策は必要なんだなぁと思ってしまいます

人間が寒いと感じているということは、デグーだって寒いと感じています

デグーの好きな温度は25度前後。夏にでもならないと、そんな気温を自然に保てることはありません

春秋は日中は暖かくても、夕方になるとぐっと冷えますしね。冬だったら、ただケージ内のヒーターを点けっぱなしにしておけばいいのですが、意外と春夏の方が温度調節が難しい?

温度管理が難しいこの時期に

そこで私が紹介したいのが、この巣穴

いや、どれだよ…

と思われるかもしれませんが、茶々が乗っているこの木箱です。この木箱は三晃商会の「ウッドハウスプチスローブ」です

スポンサーリンク

実は、ジェックスの「ハミんぐホッとハムぽかヒーター」の上に被せているんですね。茶々のおしりの後ろに見える白いコードが、そのヒーターのコードです

スポンサーリンク

私が普段から「巣穴」と読んでいるのはこの2商品を組み合わせたものです

三晃とジェックス、別メーカーにもかかわらず、この木箱と置き型ヒーターがぴったり合うのですよ!私も別々に買った後に、偶然気付いたのですが

ヒーターの熱が巣箱の中に溜まるので、周辺の温度よりはちょっとぬくいです

これだったら、デグー的にも

「寒かったら巣穴にもぐる」
「熱かったら巣穴から出る」

という選択ができていいのかなー、と

もちろん、ウッドハウスを被せずに使ってもOKだと思います。片面が高温、もう片面が中低温になっているので、その日の気温に合わせて調節もできますよ~

あと、お手入れも楽ですね。さっと一拭きするだけ。茶々は良くこの上で用を足しますが、たぶん暖かくて気持ちが良いからしてしまうんでしょうね(笑)

まとめ

ということで、まだしばらくハムぽかヒーターは活躍しそうです

ちなみに、茶々は木を齧らないので、まだ木箱の形を保っています

木箱は齧り木の機能も兼ね備えているので、きちんと木を齧るデグーなら、割とこまめに買い換えないといけないみたいです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする