夏到来!デグーの温度管理はどうする!?

流し目茶々。夏の暑さにも、彼女の食欲は負けない

7月に入ったら急に暑くなりましたね。デグーの温度管理に頭を抱えている人も多いのでは?…というか私ですけどね(笑)

「冷房を入れる」というのが、デグーの暑さ対策として一般的なようですが、返って冷えすぎてしないかが心配ですし…

そこで今回は、デグーの夏の温度管理について書きたいと思います

スポンサーリンク

↑この本でも温度管理に書かれています

そもそも適温は?

デグーにとっての適温は「25度前後」と言われていますが、「前後」ってどこまで?

本やサイトによって、そもそもの適温の定義が若干違います。が、最低保たなくてはいけないのは、どこをを見ても【20度】。ということで、下は20度なんでしょう

実際茶々にとってもそのようです。冬に掃除をした際、ヒーターを切り、そのまま寝てしまったという失態があります。朝起きたら、10度台半ば。茶々は寒くて眠れなかったようで、ご飯を食べ終わったらすぐに、寝袋に入り込んで、姿を見せてくれませんでした(飼い主、猛省)

じゃあ上は?というとこですが、茶々の場合、20度台半ばであってもヒーターにかじりついたり、寝袋の中でぬくぬくしています。これを書いている今は27.4度なのですが、やはり寝袋の中ですやすやです。暗いところなら、巣箱とかもあるんですけどねぇ…割と暑くても平気みたいです

でも、先日病院に連れて行ったときは、さすがにバテてました。風通しの悪いキャリーケースの中で揺られ、暑っい診察室の中で暴れたら、珍しく体がみょーんと伸びてました(これも飼い主の準備不足のせいです。やっぱり猛省)

ということで、結論。茶々は【20度以上から30度以内】ならとりあえずOK!結構レンジ広いな

(7/9追記、病院の先生曰く、25,26度が良いとのこと。我が城でも28度を越えたら、流石に冷房をつけました)

ただこれは、あくまでも健康体の茶々の話です。みなさんは飼っているデグーの様子を観察しながら、調整してあげてください

昨日も、最高気温は33度でしたが、日当たりの良くない我が城の最高室温は27.6度。湿気はともかく、今くらいの環境なら冷房は要らなさそうです

それでも暑さに備える必要はある!

でも、でもっ!急に暑くなるかもしれないし、やっぱり最低限の対策はしておくべきですね。ということで、私が行っているのは次の3つです

①涼感プレートを置く
②保冷剤をタオルに包んでく
③ケージを壁から離し、風通りを良くする

①はアルミ製のプレートで、体をのけるとひんやり。実際私が今触っても、程よく冷たくて気持ちいです(商品の詳細はこちらの記事で)

スポンサーリンク

↑大理石なんかもある

②は溶けると水分でびしょびしょになり、そのせいでデグーが風邪を引いてしまう可能性があるため、タオルで包むべきだと思います

③は簡単ですし、すぐにでもできるのでおすすめです

まとめ

もう少し暑くなったら、流石に冷房をつけないといけないかもしれません。とりあえずは、このまま様子を見てみようと思いますが、水だけは忘れずにたっぷり用意しておかなきゃとは思います

なお、茶々の元気も夏の暑さには負けない!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする