オードリー若林さんの新作エッセイ「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」の感想

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬とアンデスのデグー

ということで、オードリー若林さんの新作エッセイ「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」を読みました

内容は若林さんのキューバでの旅行記。皮肉いっぱいのタイトルなので、きっとキューバ旅行を通じて書かれた彼の社会の捉え方にまた心揺さぶられるのだろう、と期待はしていたのですが…想像以上に良かった!

本日は本のざっくりとした内容と、感想について書きたいと思います。ネタバレ多少ありなので、嫌な人はかわいいデグーを拝んで帰り、また明日以降お越しください(笑)

スポンサーリンク

キューバへ行くまで

まず話はきらびやかなニューヨークから始まります。資本主義の恩恵をめいいっぱい楽しまなければ「いけない」といった圧力を感じることからのスタート

前作の「社会人学部人見知り学科 卒業見込」でもそうでしたが社会になじめず、「爪弾きになっている感」が彼の書くことへの原動力なんですよね。そこが好きなんですけど(笑)

で、休暇が長めに取れるということで、日本やアメリカとは別の社会システム、社会主義国であるキューバへ行くことになります

キューバでは

彼がキューバの風景や社会、歴史を見て感じたこと、出会った人々との気持ちのいいやりとりで得た充足感について書かれています

ただ「きれい」とか「おいしい」とか「楽しい」だけではなく、「なぜそう感じているのか?」という彼の考えに触れることを楽しいと思えるエッセイです

文章もとても読みやすく、ときどき芸人らしいツッコミもあり、うなづいたり、クスっと笑ってしまったり、読み手も充実した時間を得られる一冊です

意外な結末に涙無しには読めない

「そもそもなんでキューバ?」

ということについて、理由は色々とあり、複合的なものになっています

しかし、最期の方でその根源となる理由が明かされます

旅行記であることは間違いありません。それと同時に旅行を通じた、彼の亡くなったお父さんへの気持ちの整理をする話でもあるのです

この本をただのエッセイだと思っていたのに、完全にやられた(笑)

スポンサーリンク

一冊でエッセイとある男性の人生のストーリー(の一部)の2つを楽しむことができるので、とにかく多くの人に読んでもらいたい一冊です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする