デグーの飼い主、飼育グッズをプレゼントする

この事実を知ってからずーっともやもやしていたので

このブログもしくはTwitterに連絡をくれた方の中から1名様のみ(お金ないから笑)でデグー飼育グッズをプレゼントします

ただし、条件があります。とあるペットショップで虐待飼育を受けていたデグーを保護してくれた方限定です。証拠になるようなもの(写真等)を添付の上、連絡を下さい

この衝撃を文章化することができない

ある日、Twitterで衝撃的な投稿を見ました。それはとあるペットショップでデグーの無計画繁殖、虐待飼育を行っているという事実

あまりにも劣悪な環境で飼育されていて、病気や怪我で障害を負ったデグーがたくさんいるとのことでした(そのTweetの投稿者が保健所に連絡済み、多くの飼い主さんによって保護されました)

決して我が城も誇れるような環境ではありません。茶々のこと「かわいくない」とか言っちゃいますし

でも、少なからず大事には思っているわけで、生き物をあんなにも雑に扱うことに対して心苦しくなったのです

保護したいけど…

多頭飼いしたいと思っていましたし、保護したいと言う気持ちはあったももの、今の自分の環境を考えたら到底無理

デグー飼育歴の短い一人暮らしの薄給OLが障害を負ったデグーを飼育できるのか、ということです

「じゃぁせめてブログで呼びかけを…」とも思いましたが、もしかしたらあまり騒ぐと色んな人に迷惑をかけてしまうのかもとも思い、触れずにいました

そしてずっともやもやしていたのです

MacBookおじさん現る

今Twitterでもちょっと話題になっているのですが、あるブロガーさんが「有望な若者にMacBook」をプレゼントするという企画を始めたんです

「有望な人が活躍できないのが良くない!投資する!還元する!」というのが趣旨で、つまりは「あしながおじさん」なわけですよ

それで「モノをプレゼントするという協力方法があるんだ!」ということに気付かされたのです

私がしようとしていることは「あしながおじさん」とは違いますが、デグーを保護してくれた人のためになれたらな~と思い、この「デグー飼育グッズプレゼントします」を実行したのです

Twitterに投稿しました

この「デグー飼育グッズ~」はTwitterにも投稿済みです

補足をすれば

①締め切りは投稿から1週間
②頂いた情報は悪用、転用しません

です

正直、投稿前は手が少し震えました。だって、「偽善」とか「売名」とか言われそうと思ったので…

でもね、「きっと大して見られてないぜ!だからとりあえず行動してみよう!」と自分で自分の背中を押してみたのです

これで1件も応募がなかったら若干恥ずかしいけど…そしたらみんな、早く忘れてね!!(笑)

もちろん茶々飼育も頑張ります

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする