「デグーベタ慣れ」は本当か?我が城のデグーマウスは癒し系ではなく…

最近、「うわぁぁぁぁぁあ!!」ってなる出来事があったんですよ

どんなことかって?それはここではちょっと控えますわ

でも、大体皆さんが想像しているようなことですよ。あるいは、みなさんも体験したあんなこととか、そんなこととかみたいなね…

デグーマウスは私の傷ついた心を癒してくれるか?

まぁそれはどうでもいいんですけど、とにかく「誰か慰めろーっ!」ってなってね。癒しを求めたんですよ、茶々に

ネットで「デグーはベタ慣れする」見たいな情報があるじゃないですか?なんかああいう思いっきり甘えてくれたり、可愛いポーズをとってくれないかなぁって

可愛いといえば、デグー飼いの師、ヤマシタ師匠の家のデグーのとんでもないポーズの写真を見ました

師匠の手のひらの上でね、イスにもたれかかるように「Y字開脚」で座り、その格好でペレットをもぐもぐしているんですよ

か、かわゆす…!!

茶々にもこんなことして欲しいなぁと思って、私の手のひらの上でペレットを上げてみたんですけど、案の定、ケージに戻って、隠れるように食べてましたよ

まぁ我が城の茶々さんは上品な貴族なんでねぇ~食事をしている姿は見せないんですよぉ~…嘘です。すみません

スポンサーリンク

じゃあおやつのパパイヤの葉ならどうだ、と思ってあげたら、一応私の手の平の上にはいるんですよ

でも、カメラを構えているうちにペロリ。全然可愛くない…

しかも、食べ終わった後も私の指を噛んで、おねだりをしたり…

茶々は「癒し系」ではなく、「卑しい系」でした(笑)

スポンサーリンク

その日の晩

結局、ベタ慣れのかわいい茶々は拝めずに床に就きました

そして茶々は3時半に覚醒してケージを噛み始めました

夜更かしというには遅すぎるし、早起きというには早すぎる。もう邪魔しているとしか思えない

普段はガン無視します。ケージを噛んでのかまってアピールにいちいち反応していたら、それがクセづいてしまうので

でもね、その日の茶々タイムは私が「うわぁぁぁぁぁあ!!」ってなったせいで、あまり充実させてあげられなかったんですよ

そういう後ろめたさもあって、私は静かにケージの入り口を開放してしまいました…また睡眠不足だぜ

ケージから出したら、私の周りをくるくるまわって、膝に乗ったり、大人しくなでられていたりします

いまさら!!

私がかまってほしいときには、かまってくれなかったくせに!!(笑)

でも、少し遊んだら満足したみたいで、そのあとは素直にケージに戻り、朝まで静かでした

そしてなんやかんやで私も茶々に癒されたのでした。結局茶々は癒し系だった、ってお話(笑)

(7/30追記)全てのデグーはベタ慣れするか?

結論から言うと、全てのデグーが飼い主にべったり懐くということはないようです

個体差もあります。多頭飼をしていると、仲間内だけでコミュニケーションを完結させてしまい、飼い主はただの「えさ係」になってしまうこともあるそうです(笑)

事実、茶々も自分の気分の乗ったときしか触らせてくれません。触られたくないときに私が触ろうとすると、オシッコをかけてきます(泣)

でも決して私のことが「大嫌い」というわけではないみたいで、私に対する警戒心はなさそうに見えます

懐かなくても「こういうやつなんだ」と思って飼ってあげてください~




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする