デグーのケージの掃除で大ダメージ

茶々のケージは三晃商会のイージーホーム40Highです

スノコが付いているのですが、茶々はまだ子供で足がはまってしまう可能性があるため、それは使わず、トレイに新聞紙と床材、チモシーを敷いています

スポンサーリンク

ステージ等の拭き掃除、水の交換、お皿を洗う、汚れた床材を取り除いて補充、チモシーの補充といった掃除は毎日欠かさず行っています

週に一度は新聞紙と床材の総取替えをしています

その週に一度の掃除をしていることです

茶々が例によって邪魔するんですよ。私は無視して、自分のペースで掃除をします。トレイを洗ったり、新聞紙を取り出したり、城中を動き回っていたんです

茶々はケージも枠組みしかないし、私も動いているしで、落ち着くところがなかったみたいです

枠組みしかない状態のケージの中でうろうろ。巣穴はないし、ヒーターも付いてないし、床材もないし…

確かに見ていても、挙動不審であったことはわかっていたんですが、新聞紙を敷いたトレイをベースカバーにセットするにも茶々が邪魔でできなかったんです。早く落ち着く場所を作ってあげたいと思って、茶々をどかそうと手を伸ばすと

甲高い鳴き声を上げて、私の指をがぶり。いや、がぶりなんて可愛いもんじゃない。私はまたもや右手を負傷…

噛まれた傷の痛みと、出血を抑えるために私が膝を付いてうずくまっていると、私がかまってくれるものだと思っているのか、茶々が負傷した手に絡み付いてきます

とりあえず、噛まれた指の付け根を押さえながら洗面台へ向かい、手を洗い、絆創膏を張ります

2度もペットに噛まれたことが悲しくて、しばらく座ってうつむいていると…

私を負傷させた犯人が、私の膝の上でくつろいで寝ている…事件後ほんの10分くらいですよ!?誰を噛んだか覚えてないんかい!!

自分の家に入ったらいつもと様子が違うし、後ろから気配を感じて…まさか強盗!?…という一人暮らし女子がアパートに帰ってきたときみたいな気持ちだったんでしょうか

スポンサーリンク

茶々は意外と神経質な女の子でした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする