デグーと一緒に寝るとどうなる?

これ、茶々の一番気持ち良い瞬間の表情の画像なのですが、まじまじと見ると、結構ブサイクですね

「デグーのかわいい表情を見たい!」と思ったら、やっぱり寝顔が狙い目です。寝ているので動かないですし、ゆーっくり堪能することができます

できればそのかわいい寝顔を見ながら、一緒に眠りたいと思ってしまうくらいです。ところで、デグーと一緒に寝るとどうなるのでしょう?

デグーと一緒に寝る

インターネットでデグー情報を漁っていたんですよ。それで、今まで気付かなかったのですが、「デグー 一緒に寝る」というサジェストワードがあり、検索してみると、みなさん結構デグーと一緒に寝ようと試みてるんですね

中には飼い主の胸の上で眠ってしまうデグーもいるらしく、「なんじゃそりゃ、真似したい!」と、私の間違ったやる気に火がつきましてね…

これが過ちの始まりだったのですが…

スポンサーリンク

昨晩、茶々がまた夜中に騒ぎ出したんですよ。いつもなら頑張ってシカトします。騒ぐのをクセづけてはいけないので

でも、茶々が私の胸の上で眠っている想像をしていたら、いともあっさりとケージに手を伸ばしてしまいましてね。茶々解放ですよ

以前も確かに一度、夜中に解放したことはありましたが、それは致し方なく行ったことで、意識的に解放したのは初めてですね

私はかなり眠かったので、すぐさま布団にもどり、茶々が私の元に来ることを期待していました

さぁ私の胸へ飛び込んでおいで!

ところがなかなか来ない

私の元に来るどころか、避けまくって、部屋中を散歩してるみたいなんですよ

あと、ソファの上に乗ったりしてるみたいで、降りる音とか聞えるんですよ。なんか、解放した意味がないな

と、思ってたらようやく私の方へ。掛け布団をふわっと持ち上げ、茶々を誘導

「さぁ、私の胸に飛び込んでおいで!」

うつらうつらしながらそんなことを考えていました

そして茶々は私のルームウェアのズボンの股の辺りへ。なんで?暖かいけどね

ルームウェア越しに茶々を撫でてみるんですけど、これ客観的に見たら、私、完全に変態

しばらくしたら、私のおなかの上に移動してきまして「ま、これでも可愛いからいっか」と思い、ゆっくり撫でていました

そしたら、眠気がますます強くなってきて、意識が遠のくと…、茶々に手を甘噛みされて起こされる。たぶん、手の動きが止まっていたんでしょうね

それを何度か繰り返し、指をがぶがぶ噛まれ、しばらくしたら茶々は自らケージへ戻っていきました。私のおなかの上は、居心地が良くなかったみたいです

静かになってくれたからいいか~と思い、ケージの扉を閉め、布団に入って脚を伸ばしたら…

…なんか指先に冷たいものを感じた

間違いない、いつの間にかお花摘まれてた。ショックで完全に目が覚めてしまいました

不快な目覚めをありがとう

翌朝、布団を畳んでいたら、茶々のおっきいのが、ぱらぱら出てきた…非常に不快な目覚めでした

みなさんもデグーを寝床に入れるときは、それ相応の覚悟が必要だということをお忘れなく

スポンサーリンク

というか、潰したり、怪我をさせたりということが起こりえるそうなので、デグーの健康のためにもやっぱり寝床は別の方がいいですね。反省

寝顔を堪能できる記事はこちら「デグーマウスの飼育と人間の子育ては似てる!?」かわいいデグーの寝顔の画像を3連発!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする